管理薬剤師 > 管理薬剤師が製薬会社で仕事をする内容

管理薬剤師が製薬会社で仕事をする内容

薬剤師の仕事と言いますと病院や薬局やドラッグストアなどが一番先に思い浮かぶでしょう。 あまり目立たないのですが管理薬剤師が活躍する求人先として製薬会社があります。

ここでは、薬剤師や管理薬剤師が製薬会社で仕事をする内容をご紹介したいと思います。

製薬会社という一般企業に就職するのですが、薬剤師としての仕事が中心になり幅広い活躍ができる環境です。 さまざまな部署で薬剤師ならではのスキルを発揮でき、やりがいがあります。 薬剤の研究開発の分野では日進月歩で新薬の開発を他社と競い合って取り組んでいます。

新薬の開発は毎年のように加速され、目覚ましく早いスピードです。 その結果として色々な病気の治療に役立ち患者様に喜ばれています。 また製薬会社の薬剤師は病院に対しての営業活動において医師とのパイプ役になります。 薬剤に関する豊富な知識を活かしたセールスが期待されています。 同時に管理薬剤師として医師からの厚い信頼を得ることができるでしょう。

製薬会社では近頃、治験も実施されるようになってきています。 一般の人たちからモニターを募集して新しく開発した薬剤の効果を測定するわけです。 治験を実施する場合にも薬剤に関して豊富な深い知識がある薬剤師や管理薬剤師は大きな役割を担います。

治験はモニターからのデータを取ることが最大の目的です。 「副作用があったのかなかったのか」「薬剤を利用してどういった変化があったのか、またはどういった効果があったのか」――さまざまな知識が必要になります。

<治験コーディネーター>と呼ばれる職業もあるほどです。 治験は薬剤師が、そのスキルや知識を最大限に発揮できる場所であるでしょう。 製薬会社に就職する薬剤師の求人は企業の求人ですから少なくはありません。 管理薬剤師の立場での求人は少ないのが現状ですが管理薬剤師としての経験やスキルは応募する場合には絶対的に有利です。

以上、薬剤師や管理薬剤師が製薬会社で仕事をする内容をご紹介いたしました。 採用された後にも管理薬剤師としてのスキルを活用できる部署に配属されるでしょう。

勤務は製薬会社ですから一般企業での勤務と同じで週末や日曜日は休みになるケースがほとんどです。 また病院勤務や薬局勤務の場合は、遅い時間まで勤務するシフト勤務などもあるでしょうが一般企業に場合はそんなケースはほとんどないでしょう。
公益社団法人熊本県薬剤師会