薬剤師になるには国公立と私立どちらの大学がいいの?

薬剤師になるために高校を卒業してから 進まないと行けないのが薬学部であり、 薬学部は国公立でも私立でもどちらの大学にもありますよね。 大学によってカリキュラムも違ってきますし、 果たしてどちらに進んだほうがいいのでしょうか?

薬学部は文系の学部よりも学費が高いですし、 学費等で考えると安く抑えられるのは 当然国公立大学の方ですが、 実は就職率と薬剤師の試験の合格率が高いのは私立大学なのです。

なぜ私立大学のほうが合格率が高いのかというと、 薬学部に進んだからには薬剤師の国家試験に合格したいですよね? その国家試験の合格率が下がってしまうと、 この大学の薬学部じゃだめなのかなと入学生が減ってしまいます。

私立大学にとって入学生が減ることが死活問題であり、 なんとしてでも学生には国家試験に合格してもらいたいのです。 そのため、国家試験対策は徹底的に行われ、 そのへんは国公立大学よりも熱心に指導されます。

更に、卒業試験は国家試験よりも難しく設定してる 大学が多く、国家試験に受からないと勿論 卒業試験を突破することができないので卒業できません。 国家試験に受からない学生は卒業させないことで 国家試験の高額率を上げているというわけなのです。

一方国公立大学の場合は、国家試験対策よりも 研究することに熱を入れている大学が多く、 製薬会社で研究開発をしたいと思っている人は 私立よりも国公立のほうが向いています。

卒業試験も私立より難しくなく、 そして国家試験対策もあまりされていないので 合格率はやはり私立大学には劣ります。 国家試験と研究が重なるってことも多いようです。

国公立大学を選ぶか、私立大学を選ぶかは、 卒業後どのような仕事をしたいか、 国家試験対策を徹底的にしたいか、 それとも研究をしたいかなど自分の目的を よく考えてから決めたほうが良いです。

薬剤師のお仕事は製薬会社での研究開発だけではありませんし、 製薬会社でも研究開発以外の薬剤師のお仕事もありますし、 調剤薬局や病院での求人も多くありますので、 自分に合った大学を選ぶことをおすすめします。

ページの先頭へ