保険薬剤師って一体何をするの?

薬剤師の中でも保険薬剤師というものがあります。 実は保険薬剤師は普通の薬剤師と違うところがあります。 まず、薬剤師は大学で薬学部で6年間修学して 国家試験に合格しなくてはなりません。

しかし、保険薬剤師の場合は、それだけではなることができません。 保険薬剤師とは保険薬局で調剤を行う薬剤師のことで、 保険薬局というのは健康保険制度の保険適用を 受けることの出来る薬局のことです。 ただ、現在はほとんどの調剤薬局が保険適用の 薬局であるため、保険適用されない調剤薬局はほとんど存在しません。

保険薬剤師は、調剤薬局で調剤するために 薬剤師に加えて必要な資格があります。 必要な資格があるとはいえ、国家資格を受けるということは 必要なく、保険薬剤師として登録をするだけで大丈夫です。

手続きをすることで保険薬剤師として登録されますが、 登録されなければ調剤薬局で薬剤師として勤務することができません。 薬剤師は調剤薬局で働く人が多く、調剤薬局に入社した場合 必ず保険薬剤師の登録をするように指示されます。

しかし、病院内の調剤薬局で勤務する場合は、 保険薬剤師の登録は必要ありません。 保険薬剤師として登録をしなくても、保険適用上の調剤を行うことが出来ます。

また、ドラッグストアやスーパーマーケットなどで 薬剤師として働く場合でも保険薬剤師としての 登録は必要ありませんが、調剤薬局が併用されている ドラッグストアの場合は登録が必要です。 保険薬剤師とは大半の薬剤師が登録しているものであり、 生活していく上では必要な存在です。

現在、病院と調剤薬局が別々になっているところが 増えてきていますので、保険薬剤師は現在では 必要不可欠な資格であるということがわかります。 もし、前の職場では保険薬剤師の登録は必要が無いところで 調剤薬局へ転職した場合、保険薬剤師としての登録を 完了させていないと大変なことになります。

ほとんどの調剤薬局では登録が完了しているのかどうか 確認してくれますが、やはり自分でもちゃんと 理解しておく事が必要です。 調剤薬局で勤務を希望する場合はきちんと 保険薬剤師の登録をしておきましょう。

ページの先頭へ