漢方薬剤師のニーズとは

西洋医学とは違う角度で病気を治す医療が、漢方薬を用いた東洋医学です。現在では薬剤師として漢方の調剤薬局で活躍する人も増加しつつあります。西洋医学や薬学に通じている以外にも、体に優しい治療方法で患者さんを助ける東洋医学の知識を持つ薬剤師さんは、今後の医学や薬学を支えていくと考えられているようです。

患者さんによっては漢方薬を望む患者さんもいますので、漢方薬剤師は漢方を取り入れているような大病院で活躍できる可能性もあります。

中でも婦人科などにまつわる疾患や、慢性の病気などでは漢方を使うシーンが増えてきました。調剤薬局やドラッグストアなどでも、漢方薬を求める声な年々高まっています。そのため、漢方に深い知識を持ち、処方も可能な漢方薬剤師の需要も増えているのです。

近頃は個人薬局のみではなく、大きなショッピングモールなどにも漢方薬局が存在しています。漢方薬剤師は若者やご年配の方、そして男女問わず様々な人の相談に乗り、アドバイスを送っています。

ところで調剤薬局やドラッグストアに勤めたときの報酬は、病院薬剤師よりも上だといわれていますが、更に専門性が必要となる漢方薬剤師の場合は、より高い年収が望めるようです。

個人クリニックでも、漢方を取り入れている病院の場合は、良い待遇で漢方薬剤師を受け入れてくれるケースは少なくありません。漢方薬局で働いたことのある薬剤師や、漢方薬、生薬認定薬剤師資格を所有した薬剤師であれば、転職する際スムーズに活動する事ができます。

薬剤師は長年売り手市場だと言われていましたが、それでも薬剤師のスキルによって大きな格差が生じているのも現状です。これからは漢方薬剤師の需要が増えてくるため、資格を取ることは大変お勧めだといえるでしょう。

漢方薬というと、ご年配の方が利用するイメージが強いかもしれませんが、最近では若い人たちも「体に負担が少ない薬」として重用しています。西洋医学、薬学だけではなく、漢方薬に明るい薬剤師さんのニーズは、今後ますます高まるはずです。

ページの先頭へ